誹謗中傷記事の削除

Googleの場合

以下のリンクから対象になるものを選択し送信して審査を待ちます。

コンテンツのブロック、削除、アクセス制限などを検討してくれます。

法的削除ですが、当事者(ご自身)または法人(法務担当)として実行することをお勧めします。

https://support.google.com/legal/answer/3110420?hl=ja

※適用される法律に基づき Google サービスからの削除を希望するコンテンツを報告するしくみです。
あくまでもGoogleの利用規約と法律に基づくものですが、元々はデジタルミレニアム著作権法に準拠した著作権侵害を対応するために存在したものです。現在では各種法律に基づいて審査してくれます。

審査結果が希望に添えない場合はインターネットに関する法律に詳しい法律家(弁護士)に法的削除を相談するか、それでも無理な場合は技術的な方法でネットワークエンジニア、ウェブエンジニア、ウェブマーケティングの技術を持った事業者にご相談下さい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です